Is There a Moon ?

写真を中心に着の身着のまま。

2009年11月

ジャパンカップ。海外からの刺客と日本を代表する馬が対決する場。

久々に海外から大物が参加し、日本vsとしては格好の場。

そんな中でも1番人気は・・・

ウオッカの背にはルメールが

絶大な人気を誇るウオッカが日本代表の大将格。

前走、前々走とカンパニーの前に敗れて、もう終わりかと言われているが・・・

今回は背を武豊からルメールに鞍替えし心機一転で挑んだ。

オーケンブルースリの猛追を退け・・・

高位置から早めに直線で抜き出し・・・外からはオウケンブルースリが猛追。

写真判定の結果、ハナ差でウオッカが制し、牝馬初のGI7勝目を上げましたとさ。

・・・その後、鼻出血していることが判明し、有馬記念まで出走停止に。事実上の引退かな。

出血さえなければ個人的には有馬も走って欲しかった。

府中だけの馬じゃないってのも見せて欲しかった。牡馬と違ってその1勝、1敗では価値はさほどかわらないしね。でも、それも全ておじゃん。来年も走るってことはないだろうしね。

武豊でもルメールには及ばないのかな

武豊ではなくルメールを選択したのは正解だったのか、結果を見る限りは正解か。

ただ、オウケン以下は過去に戦っている相手だからね。そういう意味で期待したいのは・・・

ウオッカの意志を引き継ぐのは・・・

3歳牝馬ながら3着に入ったレッドディザイア。

ライバルのブエナビスタといい、ウオッカとダイワスカーレットの関係とダブるものがあるな。

牡馬でそういったのが現れないのは寂しいが、ブエナの末脚とレッドの勝負強さは期待大。

---

タイトルのオベリスク。

1Rでマイネルオベリスクってのが出てて、これは「ネタ」で買いかと迷ったのだが・・・

ネタより実をとった結果・・・2着にオベリスクが来たってわけ。

もちろん1着の馬は買ってたから、あぁ買っておけばよかったなと。

しかも馬連で3万馬券。

先週といい今週といい・・・ネタとわかっててスルーしたものにことごとく後悔させられますな。

その後、2~4Rを3連勝したわけだが、さすがにそれを越えることはできなかった。

今年の東京最終日で「ネタはスルーするべからず」ってのを再認識させられたな・・・

てっきりドバイの王族を巡るミステリーだと思ったが・・・

ゴドルフィンの末裔 (幻冬舎文庫)ゴドルフィンの末裔 (幻冬舎文庫)
(2009/10)
永橋 流介

ゴドルフィンアラビアン(サラブレッドの三大始祖の一頭)をさしていたのね。

JRAの職員が競馬の世界に潜む巨大な闇に巻き込まれ、真実を探求する。

幾度となく、あいつが犯人か、あいつもか・・・と振り回された挙句、たどり着いた驚きの真実。

まぁこんなことは現実にはないが(あってはほしくないが)、面白い作品だった。

そしてまた牧場めぐりにも行ってみたくなった。。。

ユニバーサル・バニーユニバーサル・バニー
(2009/11/25)
シェリル・ノーム starring May’n

ユニバーサル・バニーよりも一部で人気のあるオベリスクがどんなものだったのか。

どれも良い曲だったが、オベリスクがどんな歌だったかははっきりとは覚えていなかったが・・・

まぁ当然ながら良い曲です。シェリルは外さねぇな。

だが、映画オープニングのユニバーサル・バニーがやっぱり一番だな。映像があればなお良し。

「劇場版 マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~」を見てきた。

マクロスFのTVは一通り見て、気に入った作品。他のマクロスシリーズは見てないけども。

というわけで、初日は予定もあったので回避。

それが功を奏してど真ん中の良い席を確保できたのだが・・・

何を見に行きましょうかね

機器の故障により、音声に不具合があったようで、上映終了後に「再入場券」をゲット。

話自体はTV版の序盤をところどころ抜き取って、ただストーリーは全く別物で。

まぁ確かに一部音声におかしなところはあったけど、おおむね満足な内容だった。

で、再入場券ゲットとなったので、30日内に映画をタダで見れるのは不幸中の幸い。

さて、なにを見ようかな・・・
続きを読む

紀伊国屋ポイントカードが出来てた。

通勤読書家芸人としては「もっと早く作ってくれよ」と思うほど紀伊国屋使ってるのに・・・

とりあえず入会した。早く店舗を増やして欲しいな。

---

借金取りの王子―君たちに明日はない〈2〉 (新潮文庫)借金取りの王子―君たちに明日はない〈2〉 (新潮文庫)
(2009/10/28)
垣根 涼介

君たちに明日はないの続編。

前作よりも前向きな展開が多かったな。

ひとごとではなくなってきたご時世ですからね。。。この本のように前向きに辞めること、続けること、次の道を見つけること・・・自分だったらできるかな・・・と。

このシリーズはまだ続くね。

---

たいようのマキバオー 10 (プレイボーイコミックス)たいようのマキバオー 10 (プレイボーイコミックス)
(2009/11/19)
つの丸

9巻から、ずいぶん久しぶりだなと思ったらたった3ヶ月前だったか。

前作に比べてライバル同士でガチガチやりあう場面は少ないけど、馬の成長、騎手の成長、そして周囲の人、犬の成長と、己との戦いの良さがようやく伝わってきた感じ。

これからが本当のマキバオーワールドになりそう。

期待大。

このページのトップヘ