Is There a Moon ?

写真を中心に着の身着のまま。

カテゴリ: カメラ日記

春の東京GI、締めくくりは・・・
keiba170604_015
安田伊左衛門氏が見届ける安田記念です。
keiba170604_014
開門は8時30分。
昨年より10分遅い開門で、全盛期に比べたら寂しい限りですが思ったよりは多いかなと。
(開門直後の緑の広場は人が居なくて当たり前です)
keiba170604_005
そんな安田記念が行われる日は、2歳馬がデビューする週でもあります。
その5R、メイクデビューでは2013年に安田記念を制し一時代を築いたロードカナロアの初年度産駒ステルヴィオが快勝。まさしく新世代の幕開けといった感じ。
keiba170604_001
そして安田記念では、6歳馬のサトノアラジンがゴール直前で逃げるロゴタイプを差し切り初GI制覇。
keiba170604_002
同レース1番人気の皐月賞馬イスラボニータ、復調の兆しがなかなか見えないダービー馬ワンアンドオンリーらから遅れること3年。遂にGI馬となり、彼らに並び、さらに上に行こうという強さが見て取れました。

---

2017春のGI参戦、終幕。
例年以上に良い撮影ができました(安田記念はロゴタイプを追ってしまってゴール板でようやくアラジンを被写体に収められましたが・・・)。

その半面、観客の減少傾向を感じざるを得ませんでした。
個人的には余裕を持って撮影できるので良いですが、これがGIなのかというのがちらほらと。

ゲスト頼みの傾向も正直効果は無いと思います(ダービー4人体勢で昨年から2万人減は・・・)。
やはり主役は馬とジョッキーですから、その魅力を前面に出して取り組んでほしいと思います。

ということで、秋の東京開催までしばし休息。
撮影技術をさらに磨き、またこの地に戻ってきたいと思います。

GIはGIでも一味違うレースがある。
keiba170528_012
日本ダービーが今年もやってきました。
keiba170528_018
最近は散歩を少し省略しがちですが、ダービーデーはやはりトキノミノル様に挨拶しないと。
keiba170528_010
オークスをすっ飛ばして宣伝していた割には昨年から5分遅れて7時25分に開門。

それでも他のGIに比べれば雲泥の差ですが、そこそこ早かった割には開門後はいつものダービーに比べれば少ないかなという印象でした(結果、昨年より2万人少なかったようです)。
keiba170528_001
そんなダービーを制したのは2番人気のレイデオロ。
皐月賞5着から巻き返しての制覇です。

2週連続で藤沢調教師&ルメールコンビ。両者とも初のダービー制覇でした。
keiba170528_007
プレゼンターにはJRAが気合を入れて招いた今年のイメージキャラクター4名勢揃い。
観客からはやはりというか土屋太鳳さんの声援が多かったですね。

---

そんなダービーデーには懐かしい・・・というと寂しいような悔しいような、そんな馬も来てくれました。
keiba170528_015
ポルトドートウィユ。
ダービーの1走前、9R むらさき賞(1600万下)に登場。

かつての我がPOG馬で、デビュー当時は期待したものでダービーにも出走(勝ち馬はドゥラメンテ)。
その後、屈腱炎で約2年の休養後、再びこの地に戻ってきてくれました。

今回は9着と振るいませんでしたが、まだ復帰2戦目。これからの活躍に期待します。
keiba170528_016
ワンアンドオンリー。
ダービーの2走後、12R 目黒記念(GⅡ)でかつてのダービー馬が登場。

先輩としてその力を見せつけてほしい・・・
keiba170528_009
という夢はフェイムゲーム&ルメールにかき消され、約1秒離された10着でフィニッシュ。

最近のダービー馬はその後怪我したり、勝てなかったりとダービー後に輝きを失っているのが気がかりです。ワンアンドオンリーもそんな馬の1頭。

そのダービーで接戦を演じ2着だったイスラボニータは前走で2年7ヶ月ぶり勝利をおさめ、満を持して安田記念に出走予定。
あのダービーの2頭の競り合いは今でも目に焼き付いています。あの勇姿を再び、と1ファンとして期待しつつも、もう休ませてあげたいような複雑な気分です。

次回はその安田記念。いよいよ春の東京GI締めくくりですね!

オークス当日。
開門は昨年と同じく8時半。
keiba170521_007
昨年と同じですが、注目馬が居るせいか少しピリッとした空気が漂います。
keiba170521_002
それこそがソウルスターリング。
我がPOG馬のクラシック制覇はあのオルフェーヴル以来です。

半信半疑のところもありましたが、世代トップクラスの力を示してくれました。
keiba170521_005
藤沢調教師はこれが節目となる重賞100勝目。
関西>関東の図式になって久しいJRA界ですが、関東民としてはやはり関東が強くあって欲しいものです。
keiba170521_006
次週は遂に日本ダービー。

個人的にはどのGIも同じくらい好きなのでダービーだからと特別視したくありませんが、それは世間が許してくれませんからね。これまでと同じような場所、同じような撮影は難しいだろうな・・・

女傑、名牝という言葉を久しく耳にしなくなり、少し物足りなく感じる競馬界。
keiba170514_018
今年のヴィクトリアマイルでヒロイン候補は現れるのか。

そんなヴィクトリアマイル当日は開門は8時50分。
ヒロイン不在という現実が観客数にも影響している気がします。
keiba170514_005
前日に雨が降ったこともあり、丁度咲き頃を迎えた薔薇が生き生きとしています。
keiba170514_001
そんなヴィクトリアマイルを制したのは6番人気のアドマイヤリード。
keiba170514_019
昨年の牝馬クラシック路線では全くでしたが、今年はこれで4戦して3勝。
初の重賞制覇がGIですからね。これからが期待です。

ドバイでも結果を出した秋華賞馬のヴィブロス、このヴィクトリアマイルに2着に滑り込んだデンコウアンジュと、これからの競馬界を担う牝馬が居ることを見せてくれました。

次週はそこに続けとばかりの牝馬クラシック勢が登場。期待大です。

keiba170507_009
フジビュースタンドが出来て早10年。
今年もここ東京に春のGIがやってきました。
keiba170507_011
開門は8時50分。
NHKマイルカップだとこんなもんですね。

諸事情で昨年秋は参戦できなかったため、ほぼ1年ぶりのGI観戦です。
keiba170507_006
そんなNHKマイルカップを制したのは2番人気のアエロリット。
keiba170507_005
昨年はメジャーエンブレムという怪物娘が勝ち、ワクワクしたものですが(結局怪我で引退してしまいましたが)、アエロリットはこれからどんな活躍を見せてくれるのでしょう。
keiba170507_003
本日のプレゼンターは阿部純子さん。
(存じ上げていなかったのでこれ以上膨らまず・・・)

ということで、ブログ更新はホントにもう遅れ気味ですが、相変わらず写真を撮りまくっていますので今後も宜しくお願いします。

このページのトップヘ